プラセンタとは?

プラセンタ(placenta)とは哺乳動物の胎盤のことで、医薬品の世界では英名の方が広く使われています。
胎盤は、妊娠中の胎児を包む膜(羊膜)と、子宮とを結ぶところに位置する円盤状の、妊娠中に臨時に作られる臓器です。
その役割は、母体の中にあって、まだ人間の体として1本立ちしていない胎児と母親を結ぶところに位置して、胎児の各種臓器を代行することです。また、母親から供給される栄養分を胎児に運び、胎児の排泄物を母親の体に渡す役割も担っています。さらにホルモン分泌するほか、毒物などの物質の侵入から胎児を守る免疫機能の役割も果たしています。
いずれにしろ着床した受精卵がわずか10ヶ月で、みごとな赤ちゃんに成長するのは胎盤の働きによることろが大きく、その役割を果たす期間は短いものの、まさに万能臓器と言えるかもしれません。

ひたちなか市 歯科医院

・歯周病
歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)が生み出す毒素ですが、免疫力の低下やホルモンバランスの乱れ、ストレスの影響などの全身状態によって症状は進行します。
プラセンタは免疫の活性作用をはじめ、細胞の修復抗炎症血流促進、ホルモンバランス調整など多方面から歯周病の発症原因や症状に対して作用します。

・外科的処置との併用
プラセンタの効果の一つに創傷治癒促進作用(傷の治りを早める)があります。
インプラント治療や抜歯の際にプラセンタを併用すると、その際にできた傷の修復を助けます。

・その他の効果
歯槽膿漏、味覚低下、口内炎、舌炎、口腔内乾燥症など。


医科でプラセンタが使用される病気

<プラセンタの持つ幅広い薬理作用により医科では下記の病気に使用されています>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭痛口内炎・気管支炎・喘息・胃弱・食欲不振・便秘・肝炎・肝硬変・パーキンソン病・るいそう・腎炎・糖尿病・ネフローゼ・高血圧・狭心症・貧血十二指腸潰瘍

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肩こり・むちうち・五十肩腰痛ひざ痛筋肉痛・リウマチ・関節症・神経痛

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

更年期障害・乳汁分泌不全・生理痛・生理不順・無月経・不妊症・冷え性・子宮筋腫

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アトピー性皮膚炎・肌荒れ・しみ・乾燥肌・脱毛症・皮膚潰瘍・白斑・水虫

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自律神経失調症・うつ病・不眠症・拒食症・てんかん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前立腺肥大・夜尿症・性欲低下・膀胱炎・尿道炎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アレルギー性結膜炎・眼精疲労・視力低下・緑内障・角膜炎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アレルギー性鼻炎・耳鳴りめまい・難聴・メニエール病・臭覚低下

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アレルギー性鼻炎・耳鳴り・めまい・難聴・メニエール病・臭覚低下

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※上記の疾患は医科における使用例です。治療を必要とする場合は各専門診療機関にご相談ください。

ページのトップへ戻る