小児歯科とは

子供の歯は生え変わるから、とそのままにしていませんか?
乳歯期の虫歯が永久歯への生え変わりだけでなく、成長期の発育にまで大きな影響を与えてしまうこともあります。
小児歯科は、お子様の歯並びや虫歯を治療し、口元全体の管理をすることで、お子様の健やかな成長を、歯科医の立場から支援致します。歯が生え始めたら受診をされ、お母さんと一緒になって、健康で丈夫な美しい歯を育てて行きたいと思っています。


歯医者ってこわくない?

歯医者に行くのをいやがるお子様は多くないですか?歯医者ってこわいところだと思っているからでしょう。リラックスさせてあげることで、治療への恐怖心を和らげることができます。
初めはほんの少しでも出来ればほめてあげましょう。あまりあせって治療を行い痛みを経験すると二度と歯医者に行きたがりません。きちっと治療ができる5、6歳まではむし歯が進行しないようにして、治療を先延ばしにします。


小児歯科豆知識

永久歯は、むし歯と気がついてもしばらく歯医者さんに行かなくても痛くなかったのに、乳歯は気がついたら、痛いと泣き出していた・・・
そんな経験があるはずです。
これは、永久歯に比べて乳歯が歯のつくりが柔らかく、むし歯の進行が早いためです。


日頃のお手入れ十分かしら?新しいむし歯はできてないかな?なかなか仕上げ磨きさせてくれいんだけど・・・
そんなむし歯を防ぐためには、定期的な検診が重要です。

小さい頃から矯正は必要?歯並びが気になるけど・・・
むし歯だけでなく、成長とともにお口の環境は変化します。成長期のかみ合わせや歯並びも、注意しましょう。気になったら早めに相談しましょう。
大人になってからのあらゆる病気や体調不良の原因にもなります。


突然転んで歯が抜けてしまった、折れてしまった・・・
そんなときは・・・抜けてしまった歯は、ごしごし洗わず、牛乳に浸したり、ほっぺの内側に入れたまますぐに来てください。

突然、休日、夜に痛いと泣き出したら・・・
時間が経つほどパニックに陥りやすいもの。
冷やして痛みが和らぐ時には、応急処置をして早めに連絡、来院ください。


ひたちなか市 歯科医院

ページのトップへ戻る